ウレタン防水とは

防水工事の基礎知識 ウレタン防水 シート防水
FRP防水 アスファルト防水

もっともポピュラーでありながら、もっとも奥深く、もっとも注意が必要な防水工法。
それが、ウレタン防水です。

ウレタン防水は、どんな人に向いている?

ウレタン防水が向いているのは、ずばり、決断力のある人です。
ウレタン防水は、複雑な建物にも施工できる上、費用を安く抑えることができます。
まさに、オールマイティな工法で、最近の主流の防水ですので、職人やできる業者の数も多いです。
であれば、どんな人にも向いているように思うかもしれませんが、大きな落とし穴があります。

まず、できる業者が多いということは、それだけトラブルが多いのもこの工法です。
「ウレタン防水工事」だと言っておきながら、実際はトップコート塗り替えだけの工事だった、
なんてケースもザラです。悪徳業者も大変多く、引っかかってしまうと悲惨です。

職人さんに聞いたのですが、防水の厚み、硬さなど計算しながらその日にベストなものを塗っているそうです。
また、勾配も気にしながら、防水加工しているとのこと。
最もポピュラーでありながら、一番奥深いのがウレタン防水です。

また、安い工法~高い工法まで、工法や保証が大変豊富で、金額の幅がありますので、
ウレタン防水の中でも、どの工法・保証が最適なのか、迷います。
*同じ業者であっても、1平米あたりの単価が4000円~6500円と大きく異なります。
*保証期間も、1年~10年まであるそうです。

つまり、業者選びで迷い、工法でも迷い、保証期間でも迷い…。
選択回数が多いのが、ウレタン防水の特徴ですので、優柔不断なところがあると自覚のある方は
覚悟を決めて、決断していきましょう。

ウレタン防水のデメリットは?

トップコートの塗り直しが必ず必要です。6年~8年に1回はメンテナンスをしなければいけません。

シート系の防水(アスファルトや塩ビシート)とは相性が悪く、
既存防水の状態が悪いと撤去してからでないと、防水工事ができません。
余計な費用がかかってしまうというわけですね。

先にも書きましたが、工法が多いため、値段を重視して選んだら雨漏りに向いていない
工法を選択してしまっていた、なんてこともあります。

ウレタン防水自体は軽いのですが、物置を置いたり、頻繁に歩行する屋上にはあまり向いていません。
まったく歩けない、というわけではないのですが、防水が傷みやすくなります。

とはいえ、どんな複雑な地形でも防水加工できるのがウレタン防水です。
種類としては、ウレタン防水を選択しておくのは、正しい選択です。

ウレタン防水を採用したオーナーが気をつけるべき点

塗膜系の防水ですので、匂いがあります。*FRP防水よりはマシだそうですが。
また、既存の防水を撤去する時に状態が悪いと、振動することがあります。
住居者さんに、きちんと周知しておきましょう。

ウレタン防水まとめ

・どんな地形の建物にも施工できる、もっともポピュラーでオールマイティな防水
・6年~8年毎にトップコート塗り直しが必要
・業者・工法・保証と決断が多いため迷いやすい
・業者選びで失敗すると悲惨なので、特に慎重になる必要がある

防水工事で失敗しないためには、最初から防水専門業者に依頼するのが一番です。
防水専門業者を探すには、自力で頑張るよりも、防水業者専用の一括見積もりサイトを
利用するのが一番早くてラク。時間対効果が高い方法です。
私なりのランキングがありますので、ご参考までにどうぞ。

一括見積もりサイトのランキングを見る

防水工事の基礎知識 ウレタン防水 シート防水
FRP防水 アスファルト防水

節約マンションオーナーイチオシの防水会社紹介サイトはココ!

防水工事見積もり.com 防水工事見積もり.com/
(一般社団法人 防水工事推進協会)
防水工事見積もり.comは、 対面で防水会社の審査を行って おり、審査基準も12項目と最も厳しい業者紹介サイトです。 他社で取った見積もりを業種を問わず、防水工事として 適正かどうか診断してくれる唯一のサイトです。 他にも、適正な防水工事が行えるよう オリジナルサービスが多数あります。 また、他の業者紹介サイト(一括見積もりサイト)にあるような インターネット会社の運営ではなく、 唯一の社団法人でもあり信頼できる第三者機関です。