アスファルト防水とは

防水工事の基礎知識 ウレタン防水 シート防水
FRP防水 アスファルト防水

もっとも歴史があり、信頼性の高い防水工法。
それが、アスファルト防水です。

アスファルト防水は、どんな人に向いている?

1878年に日本で初めて採用されました。耐久年数も長く、20年~30年もつ場合もあります。
工法は様々ありますが、窯焚きのアスファルト防水は非常に重く、1平米あたり130kg~250kgほどあります。
自衛隊の施設に採用されるような工法ですので、普通の戸建てに採用されることはまずありません。
そのため、通常のマンションオーナーがお目にかかる工法ではないと思います。
*特に、1981年以前に建てられた建物に採用するのは、耐震性の問題からも危険です。

最近は、改質アスファルトシート防水もあり、それなら1平米あたり、7kgほどの重さに抑えられます。
ただし、それでも塩ビやウレタンと比べると重く、太陽光発電を屋上に設置する前など、
特殊な場合に採用されているように思います。

アスファルト防水のデメリットは?

とにかく重いことです。また、シート系でもあるため、本当に何もないだだっ広い
屋上(500平米以上)以外に、採用されることはないと思います。

ネットに動画があったため、見たのですが施工も大変そうで、工程数も多いように思いました。
既存が何であっても、アスファルト防水を施工することはできますが、
アスファルト防水の上には、塗膜系の防水(ウレタン防水)はやりにくいそうです。

アスファルト防水を採用したオーナーが気をつけるべき点

まず採用されることほとんどないかと思いますが、
トーチ工法の場合は、火が出ますので匂いと煙が出ます。

アスファルト防水まとめ

・もっとも歴史ある防水工法だが、とにかく重い
・500平米以内の屋上に採用されることはほとんどない
・太陽光発電システム導入時には、採用されることがあるが、建物の耐震性に注意。

アスファルト防水で失敗しないためには、最初から防水専門業者に依頼するのが一番です。
防水専門業者を探すには、自力で頑張るよりも、防水業者専用の一括見積もりサイトを
利用するのが一番早くてラク。時間対効果が高い方法です。
私なりのランキングがありますので、ご参考までにどうぞ。

一括見積もりサイトのランキングを見る

防水工事の基礎知識 ウレタン防水 シート防水
FRP防水 アスファルト防水

節約マンションオーナーイチオシの防水会社紹介サイトはココ!

防水工事見積もり.com 防水工事見積もり.com/
(一般社団法人 防水工事推進協会)
防水工事見積もり.comは、 対面で防水会社の審査を行って おり、審査基準も12項目と最も厳しい業者紹介サイトです。 他社で取った見積もりを業種を問わず、防水工事として 適正かどうか診断してくれる唯一のサイトです。 他にも、適正な防水工事が行えるよう オリジナルサービスが多数あります。 また、他の業者紹介サイト(一括見積もりサイト)にあるような インターネット会社の運営ではなく、 唯一の社団法人でもあり信頼できる第三者機関です。